うわ!!ひっかりそうだった。

メールチェックをしていたら、楽天からご注文内容確認メールが!!

あれ?今日は出かけてて注文なんてしてないのに・・・

ってよくみてみると、ハイビジョンテレビを買ったと!!

主人に、「もしかして、そんなもん買った?」(最近自分用の楽天アカウントを取った)

って聞くと

 

「今までの人生でネットで買物なんかしたことなーい」(→ついこないだ、私がかわりにビール注文したじゃん!)

 

とのたまう・・・

 

「え!!じゃ、これは誰よ!!」

ってことで、大慌て。

 

楽天に電話しなくちゃ!!っておもって再度よくみてみると 何かがおかしい!!

 

いつも使っている楽天のメールアドレスではない。

しかも、送信先に、私以外に10件くらい知らないメルアドが!!(すべて末尾は同じ)

発送先は、全然知らない場所。

 

念のため、楽天にログインしてみて購入履歴をみたら、そのような発注はなく、

そこでやっと、このメールが詐欺メールだということに気がつきました。

 

よく考えると、発送先って、実際にアカウント乗っ取られて、自分以外のところに発送されたとしても、住所があれば犯人の身元が割れるわけだし・・・

この詐欺メールに貼られたリンクをクリックさせたり、記されている電話番号に掛けさせて、「ウィルス」とか「情報を抜き取られたり」するのが相手の目論見??・・・

 

こわいです。

 

時々、生徒さんからも、「こんなメールがきたけれど、大丈夫?」ってお問い合わせが来るけれど、なにかおかしいと感じたら、クリックなんて絶対おさずに、無視ですよ!!

即、削除してください。

 

電話などでの オレオレ詐欺的なのも、ちかごろ巧妙になってきているようですので、自分は絶対大丈夫なんて思わずに、銀行系やカード系の情報は、ぜったいに電話口などで話さなようにしてくださいね。そのほかにもいろんな手口があるようなので、自衛を普段から心がけてくださいね。

 

ちなみに、ネットショップ系の私の小さな自衛手段は・・・

ネットで使うカードは一種類に決めておく

楽天、Amazon以外では、カード決済をしない。

ネットバンクには、引き落としのたびにお金を補充する

ネットショプ用のアドレスを決めておく(別にしておく)

などです。

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

 

5月 10, 2018